読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

chouette-diary blog

色々載せます。もし良かったら見てください。

中学生・高校生でも受験・取得できる10の資格

中学生や高校生でも取得できる資格は100以上もあります。
どんな資格があるのか、どんな資格を取ることが出来るのかと悩まれている方。
こんな資格も取れるんだっと驚く物もあります。
将来役立つ資格がたくさんありますが、その中からピックアップしたいと思います。


英検はテスト形式の合否が出ますがTOEICはリスニング100問、リーディング100問から成り10~990点のスコア形式となっています。
将来就職された際554点が企業が求める点数で英語で簡単な英語が理解できる言われています。
どのくらい出来るのか試してみるのも良いかもしれません。


ファッションや美容に興味がある方は受けてみるのも良いかもしれません。
3級の合格率は全体の60~70%、2級の合格率は全体の30~50%と少し難易度が高くなります。
他にカラーコーディネーター検定がありますが、こちらは建築系に有利と言われています。


3.食育アドバイザー
食というのは私たちにとって、とても大事な事です。
食に対する知識やアドバイスができるのが食育アドバイザーという資格です。
料理が好きな方や料理を仕事にしたい方などにオススメです。


健康維持や疲労回復わ体調不良など心身の不調を香りで緩和するために作られた検定です。
一般でも注目されている資格でもあります。
香りに興味がある方、受けてみてはどうでしょう。


5.ネイリスト技能検定3級
初歩的な知識と技能を問う試験です。
要求されるレベルは、ネイルケア、ネイルアートの初歩的な技能と基礎知識です。
技能試験では15歳以上の健康な手指を提供してくれるモデルが必要です。


6.日商簿記検定
3級はお金の動きや記入のルールなどの基礎が身につきます。
2級は3級の内容に株式会社の取引が加わり仕入れから販売までの流れを学びます。
事務や経理に興味がある方はオススメです。


漢検と言われるこの検定は4級,3級が中学生で習う漢字が出題されます。
準2級,2級が高校生レベルと言われています。
漢字は生涯使うもの(読み書きに必要なもの)ですので一度は勉強して自分がどのくらいのレベルなのか試してみるのも良いと思います。


憲法地方自治法など7科目と一般知識から出題されます。
顧客からの依頼を受け官公署(各省庁、区役所、警察署等)に提出する「書類の作成、申請を代行すること」が主な仕事です。
合格率は10%と少なく難易度もかなり高いですが、しっかり勉強して受けてみるのも良いかもしれません。


環境問題に関する知識を問われる検定です。
環境問題に関心のある人や、過去や現在起こっている環境問題について幅広く学べるだけでなく、現存する環境問題への対策方法について学ぶことができる良い機会になると思います。
2020年には東京オリンピックが行われますので少しでも綺麗な街づくりに役立てるかもしれません。


受験級は、1級・準1級・2級・準2級・3級・4級・準4級、5級の8種類(5級については、用語についての知識を問うもので合否判定はありません)
準4級~3級が中学生や高校生が習うと言われています。
パソコンは将来、色々な所で役立つと思います。


他にも
などがあります。


最後に
簡単な資格から難易度の高い資格と幅広くあります。自分が何を取得したいか、どのくらいのスキルが必要なのか、自分にあった資格は何か。しっかり選んで勉強していくことをオススメします。